2017年 01月 15日

コペシン

冬薔薇(ふゆそうび)
さすがに蕾はもう開かないから切らないと。。。
と思いつつ、、、なんとなく切れなくてそのままにしてしまってる。

b0365823_1122024.gif


エトワール・ドゥ・リヨン



b0365823_112228100.gif


セカンドストーリートティ

b0365823_11224964.gif


庚申薔薇
咲いてる子も多いし、冬でも結構咲いてくれるので
剪定まではこのまんまにしておいちゃう。
何故? 面倒くさいから(;´・ω・)

b0365823_112455.gif



葉っぱもむしるの面倒だったから
石灰硫黄合剤もプシュプシュとかけてしまった。
ついてないところもあるけど、、いいや。

お正月明けに石灰硫黄合剤して、地植えのバラに寒肥あげたし。
1月中にダコニールの濃い目のをかけようかな。
2月の真ん中くらいに、剪定!! バラの作業で一番好きっ(笑)
マシン油の散布もしなくっちゃ。
今年はカイガラムシの被害が多いというし、柚子がまたスス病になると困るしね。
マシン油をするようになって柚子のスス病が収まったし、実も綺麗だから寒くてもやらなければ


あっ、その前にコペシン♪ コペシン♪


b0365823_11334893.gif


カイザリン・オーガスト・ビクトリア
地植えにしてたのを掘り上げたので、株元がおっきくて不恰好なのはしょうがないね。
昨年もやったけど、思ったような枝にならなかったので
またやっちゃう。

b0365823_11335892.gif


伸びる子なのでもう少し切りたい、、、

b0365823_1134717.gif


ビビ・メイズン
花が重いのもあるけど、ダラ~ンと枝がたれりゃうので
「ハンキングにしゃろうかぁ!」と思ったり(笑)

b0365823_11342482.gif


左の枝の方は木化してるから、出てこない気がする。
右のもう1本ももっと下で切りたいけど、、、この辺が安全かなぁ。



035.gif コペシン 
強剪定のことです。
何語かは知らない。
コペはフランス語の「切られた」を意味する(仏: coupé)からきてる言葉かもしれない。
じゃ、シンは?

[PR]

by poan-na-kibun | 2017-01-15 11:35 | 庭のバラ | Comments(2)
Commented by ATUATU at 2017-01-15 16:16 x
ふゆそうび
そうそうこの言葉もかな。さんに教えてもらった
私もね~まだ咲かせてしまってますよ
冬薔薇
まだあと少し楽しみたい
でもきょうみたいな大寒波が来るとさすがに蕾は開かないかなと思います
コぺシンってなんだ~と最後まで読んだら
強剪定のことだった
かな。さんの得意のコぺシン^^
みんなきっと芽吹きますよ
でね~私も今年こそは強剪定しようかな
もう今が時期ですよね
でもなかなかできなくて
年数がたっています
ロードリーオベロンとか気になってます
でもやっぱりできない~^^
寒肥もまだですし寒肥もやって剪定して
冬もいっぱいがんばらなくちゃ
楽しい剪定作業
私も楽しみますよ~(^^)/
Commented by poan-na-kibun at 2017-01-15 20:42
☆ ATUATUさん ☆

「薔薇」を音読すると「そうび」と読むそうです。
さすがにそろそろお休みさせないと春に響きそうな気がしてます。
まぁ、庚申薔薇などは剪定の本薔薇にまかせます。

コペシン
大野耕生さんの講座だと思ってたけど、ポールスミザーさんの講座の時に聞いた言葉かも?
調べたけど何語だかはわかりませんでした。
私もロードリーオベロンは背が高くなりすぎてるので気になってるんだけど
株元の方の枝は木化しちゃってるので、芽が出てこない可能性
あるし。
深く切る強剪定は今が時期だけど
2月の剪定の時に、切った枝を挿し木してバックアップしようかと思ってます。
ERもどんどんカタログ落ちしてるし、最近の販売苗は輸入苗の場合が多いからどうも苦手で。
とにかく、冬の間じゃないと出来ないことは頑張らねば。
春を夢見ましょう♪


<< ドールハウス展 2017年1月20日      福のそばには、猫がいる。 >>